コモンセージの花

コモンセージ3色の花
コモンセージ シソ科 常緑低木

コモンセージの花が咲いています。
ブルーの花に混じってピンク花と白い花も咲いています。ピンク花は植えた記憶がないのですが…
白花やピンク花は珍しいので、早速、挿し木をしました。

イギリスでは「長生きしたければ5月にセージを食べなさい」「庭にセージを植えているのに人はなぜ病気になるのか」等、言い伝えがあるそうです。
私はフレッシュハーブティーや、葉を刻んでハンバーグに入れたり、葉をフリッターにして美味しくいただいています。
スポンサーサイト

オリスとストロベリーキャンドル

オリスとストロベリ-キャンドル2018_R
オリス(アヤメ科)とストロベリーキャンドル(マメ科)

ゴールデンウィークに入りハーブガーデンはハーブの開花が進んでいます。
モッコウバラ(白)は散り始めましたが、オリスとストロベリーキャンドル(別名 クリムソンクローバー)が豪華に咲いています。

タラゴンビネガーに使われるタラゴン(キク科)や豆料理に美味しいウインターセボリー(シソ科)、爽やかな香りのレモンバーベナ(クマツヅラ科・落葉低木・ハーブティーやポプリに使用)など、珍しいハーブ苗も揃っております。


ウォードの花

ウォードの花
ウォードの花 アブラナ科 タイセイ属 2年草

2年前、高知県北川村の「モネの庭」を見学した際、ウォードの種をいただき1年後(昨年)の春、種まきし、1年目は見事な濃い緑葉が茂り、この春、花が咲きました。草丈1mを超えています。

別名、ホソバタイセイと呼ばれ、ヨーロッパでは葉を青の染料に使われていました。

北川村の「モネの庭」はジヴェルニーの「モネの庭」を再現した素敵な庭園です。

オリス(白花)

オリス白
オリス アヤメ科 耐寒性多年草

オリス(ニオイアヤメ)の白花が咲きました。
素晴らしい香りの気品のある美しい花です。
探していたオリスの白花を、昨年、ジャパンハーブソサエティー横浜支部の方からいただき、大切に育てています。

オリスはギリシャ、ローマ時代から香水に使用されていたそうです。
白花のオリスは花の都、フィレンツェの紋章になっています。

モッコウバラが咲いています。

モッコーバラ
モッコーバラが咲いています。

バーゴラにしている白色のモッコーバラが咲きはじめました。
かすかに甘い香りがします。
例年より10日ほど、早い開花です。
花は小さいのですが房咲きですので、満開になると枝を覆い尽くし見事なバラのバーゴラになります。
プロフィール

魔女のタイム

Author:魔女のタイム
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR