ワイルドストロベリーの実

ワイルドストロベリー
ワイルドストロベリーの実

小粒のイチゴですが、
酸味が少なく、甘くて香り良いかわいいイチゴです。

葉を乾燥させて、他のハーブとブレンドしてハーブティーにしています。
スポンサーサイト

ワイルドストロベリーのジャム

ワイルドストロベリーのジャム2
ワイルドストロベリーのジャム

雨上がりの午後、あちこちに実っている小さなイチゴを摘んでジャムを作りました。
甘くて味の濃いワイルドストロベリージャムができあがりました。
美味しいストロベリージャムです。

ジャーマンカモミールの収穫

カモミールの収穫
ジャーマンカモミールの収穫

天気予報で「晴れ」が続くと確認してからタイミング良く、花を摘んで乾かしています。
フレッシュの花の香りとドライにした香り、どちらも好きですが、フレッシュのジャーマンカモミールはフルーティなリンゴの香りと言われています。
ジャーマンカモミールは葉には香りがなく花が香ります。
ローマンカモミールは葉も香ります。皆様はうっとりするすばらしい香りとおっしゃいます。
花はジャーマンカモミールより少し遅れて、これから咲き始めます。

ジャーマンカモミールの畑

IMG_4859.jpg
ジャーマンカモミールの畑
今年のカモミールの開花は遅く終わりは例年通りで、開花時期が短かったように思います。
週末だけのオープンガーデンなので、まだ、咲いていない時に「カモミールの花はまだですね…」とお帰りになられた方が多く残念でした。
カモミールが近くに植えてあるとそばの植物を元気にすると言われており、リーフレタスや菜園のところどころに植てています。(こぼれ種で芽が出たものをそのままにして)
気のせいばかりではないようで、比較して見ると良く育っています。

ナニワイバラ

ナニワイバラ2
ナニワイバラ バラ科

ガーデンの入り口に植えてある一重の大きな白いバラ(7~8㎝)ナニワイバラ(つるバラ)が満開です。
冬、切り詰めて剪定しているのですが、10mほどに広がり存在感のあるバラです。
良い香りの美しい一重のバラです。

チャイブの縁取り

チャイブの縁取り

チャイブ ユリ科 多年草

菜園の縁取りにチャイブを植えています。
アサツキ、ネギの仲間ですが、香りは繊細で、日本料理にも相性の良いハーブです。
花をサラダに散らしたり、オムレツにも使っています。
ハーブバターにタラゴン、パセリ、バジルと一緒に入れたりもしています。
ドライハーブにするときれいに乾くのですが、やっぱりネギの香りです。

コリアンダーの花が咲いています。

コリアンダーの花
コリアンダー セリ科 1年草

独特の香り(カメムシのような匂い)のコリアンダー(香菜)は「好き」「嫌い」がはっきり分かれます。
私はお料理では美味しく頂きますが、ハーブガーデンでの香りは…素通りしています。

花は白い涼しげな花です。
種子はオレンジのような甘くてピリッとした香りに変化します。
根は最も香りが強いそうで、トムヤムクンには、全草を使っています。
秋播きすると春、大株に育ちます。花の数だけ種子がつき、沢山、収穫できます。
コリアンダーの実は半球形の2個の果実が合さってできています。

満開のモッコウバラ

満開のモッコウバラ
満開のモッコウバラ

霧雨の中、モッコウバラが満開になりました。
バーゴラの下から見上げるモッコウバラは、太い枝と交差する細い枝、緑の葉だけですが、かすかに甘い香りが漂います。
今年の大雪でバーゴラが少し傾き加減ですが、バラの枝ががっちり支えているように感じます。

イリス

オリスの花
オリス(イリス) アヤメ科

霧雨の降るガーデンにオリスが咲いています。
花が大きく甘い香りが漂います。
根茎を乾燥させてポプリの保留剤に使います。サシェ(匂い袋)にも使います。白花もあるようです。

昨年の夏、旅行したフィレンツェの紋章はオリスの花を様式化したものでした。

ストロベリーキャンドル

ストロベリーキャンドル
ストロベリーキャンドル マメ科 多年草(1年草)

冬の間、低く葉を広げ育っていたストロベリーキャンドル(別名クリムソンクローバー)が4月後半からぐんぐん茎が伸びて5月に入り満開になりました。
こぼれ種でどんどん増えました。
花の形からストロベリーキャンドルの名前がついたようです。
プロフィール

魔女のタイム

Author:魔女のタイム
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR